栗、百年ものがたり。


「美味しいものを一生懸命作れば、

必ずお客様がひいきにしてくださる。」

 

これは初代、熊木喜太郎の言葉です。

 

千駄ヶ谷村で剥き栗を売り始めたのは

明治の頃。

 

当時は内職の剥き子さんが剥いた栗を

リヤカーに載せ、

料理屋や煮豆屋に売って歩いたと

言われています。

 

そして時は流れ、

わたしたちは喜太郎が作っていた栗を

「自然栗」と名付け、再現しました。

 

喜太郎の言葉を今も引き継ぎ百年余。

安心安全で、昔から変わることのない

本物のおいしさをおとどけします。