会社沿革

     ~ 初代、熊木喜太郎が雑穀商からむき栗加工業を始める
昭和24年

熊木喜太郎の二男、喜八郎が熊木喜八郎商店を設立し、分店

製菓材料の販売を開始

昭和36年

人工桜葉・人工笹葉を開発し、製造販売開始

昭和38年

 食品包装資材の販売を開始

昭和40年

 法人改組・現在地に本社ビル建設

平成元年

 「自然栗」販売開始

平成26年

熊木喜八郎長男、熊木喜廣が代表取締役社長就任