栗へのこだわり

創業者、熊木喜太郎が、千駄ヶ谷村(現在の東京都渋谷区千駄ヶ谷)で栗の販売をはじめたのは明治の頃と言われています。
当時は茨城から列車で栗を運び、内職の剥き子さんが剥いた栗をリヤカーに乗せ、
料理屋や煮豆屋に売って歩いたそうです。

時代が変わり、内職の剥き子さんは工場に変わりましたが、
喜太郎が作っていた甘露煮を「自然栗」と名付け、再現しました。

明治から続く、栗屋のこだわりをお伝えします。

 

熊本県産の栗を厳選

当社の原料は国産、中でも熊本県内の玉名・鹿本・菊池・上益城・播磨等の栗を厳選しています。
「栗」の漢字の成り立ちは「西」と「木」、つまり日当たりの良い場所を好むということ。
これは日照の多い方角ほど光合成ができ、実の澱粉のつまりがよくなるためです。
他にも水はけがいいこと、朝夕の寒暖差が大きいこと、肥沃な土地であることなど
栗が美味しくなる条件を兼ね備えた、熊本産の栗を使用しています。

 

 

殺虫処理は行いません

おいしい栗は虫の大好物。
皆さんも拾った栗から虫が出てきた、なんて経験はありませんか。
スーパーなどで流通される栗は、殺虫剤でいぶす燻蒸(くんじょう)といわれる処理を行い、虫食いが起きないように加工されています。
当社では安心・安全な栗を召し上がっていただくため、無燻蒸(殺虫処理なし)の栗を厳選。
鮮度の良い状態で加工することで、虫食いを防いでいます。

 

漂白剤も使用しません

栗は種子です。時間の経過につれ、発芽に向けて準備をはじめます。
発芽が進行すると、ポリフェノールの1種であるタンニンが増加し、栗を茶色く変化させます。
栗が茶色くなると、市場価値が下がるため、漂白剤を使って変色を防ぎます。
しかしこの処理で栗の風味は損なわれてしまいます。

当社の栗は漂白剤は使用しません。
そのため黒い点(栗の芽)が見られたり、内側が少し茶色くなっていることがあります。
美味しく安全に召し上がれる印としてご理解ください。

 

極薄の渋皮を炊く熟練の技術

栗の渋皮煮はその名の通り、渋皮付きの栗を砂糖で炊いたもの。
美味しい渋皮煮の秘密は、皮の剥き方にあるんです。
渋皮がたくさん残ると苦みが出るし、
厚く剥くと栗そのものの美味しさが損なわれてしまいます。
そこで当社の栗渋皮煮「自然栗」はエグみのある部分だけを取り除き、
渋皮を薄く残しているのが特徴。
一般的には薬品で渋皮を除きますが、
風味を損なわないよう、薬品は使わず、
何度も特殊なブラシをかけるやり方で、渋皮を薄く残しています。
こうして渋皮を薄くすると、皮が薄い分、加熱時に煮崩れやワレが起こりやすく、
それだけ技術が必要とされます。
美しい栗の渋皮煮は熟練の技術に支えられています。

 

 

効率よりも本物のおいしさを

当社では燻蒸剤不使用、漂白剤不使用、極薄の渋皮など、
あえて手間のかかる方法を選んで、加工しています。
初代の熊木喜太郎は言いました。
「美味しいものを一生懸命作れば、必ずお客様がひいきにしてくださる」

この精神を今も引き継ぎ、安心安全で、昔から変わらぬ、本物のおいしさをお届けしたい、と思っています。

当社のこだわりのつまった栗をぜひ一度ご賞味ください。